まるごと食べる「一物全体食」について

【一物全体食】は健康の基礎であります。これは、お米、野菜や魚介類など、「すべての天然食品においてまるごと全部食べよ」という教えです。

例えば捨てられるような植物の皮や葉、魚の骨、鱗、皮にもそれ以外にはない栄養素が豊富に含まれています。野菜なら皮を剥いたり芯を捨てたり、魚なら骨や腸を抜かずに頭から尾びれまで、といった具合に捧げられた命の食材を無駄なく戴くことで食材は成仏できます。

身体はバランス良く栄養素を摂取しながら体の再生に食材を同化し新しい細胞を作っていきます。

お刺身に至っては6割が廃棄されます。
私たち人間は自然の恩恵を受けてきた者として「食べにくいというだけで食材を廃棄する」ことが体や健全な心を作るのに必要な栄養を無駄にしていることにも思いを至らさないとなりません。天然の食べ物は栄養以前の生命体でありエネルギー体でもあります。6割も廃棄されたら魚も成仏できません。このような食への考え方から、千年前の食品舎の「だし&栄養スープ」は骨もウロコも溶け込んでいる一物全体食品です。

【一物全体食】の観点からみると、お米なら精白米でなく玄米が適しているでしょう。精白して取り除かれた胚芽や表皮の部分には、ビタミンやミネラル、食物繊維が多く、栄養的に大変優れています。

近年の雑穀ブームにおいてその高い効能が見直されはじめ、世界的な健康食としての地位も確立してきました。しかし、健康に良いはずの玄米ですが、実は身体にとって有害な物質を含んでいると知ったらあなたはどうしますか?

毒素を持つ物質、その正体が発芽抑制因子【アブシジン酸(通称ABA)】やフィチン酸です。あらゆる植物の種子は、外敵から身を守るためのメカニズムや、成長・発芽をコントロールして生存に適した条件が整うまで発芽しない機能を備えています。これがアブシジン酸やフィチン酸であり、植物にとっては必要不可欠でも人間にとっては悪影響となります。エネルギー代謝器官のミトコンドリアを傷めつけたり、キレート結合によってミネラル(鉄・カルシウム)不足をもたらすなどと、様々な症状や病気を招く危険性を秘めています。

そのため、玄米・雑穀などの種子を安心・安全に摂取するには、まるごとそのまま食べるよりも、体に負担がかからないような工夫(発芽抑制因子を無害化)をしなければなりません。

玄米や雑穀は夏場12時間、冬場24時間水に浸潤させると発芽の条件が整うため発芽抑制因子の役割が終わり毒性が無くなりますので安心して頂くことができます。そこでお求めになっている玄米を10粒選び発芽試験をすることをお勧めします。8粒ほどが発芽すれば問題ないものと思われます。

近年の穀物の乾燥方法は温風強制乾燥法が主であり温度管理を1℃誤れば種子は焼け死んでしまい、発芽能力が失われます。発芽しない穀物を水に浸潤させても発芽抑制因子は消去されませんので注意が必要です。

 

天然食品・自然食品の通販なら有限会社千年前の食品舎

「古代食くろご・ペプチド」は、古代からの野生種である黒五(黒米・黒大豆・黒ゴマ・黒松の実・黒かりん)を、12時間水に浸潤させて発芽抑制因子の役目を終えさせ、さらに酸化を抑えた加工(ペプチドリップ製法)によって、貴重な成分のロスを防いだ状態で製造いたしました。

「古代のカシス」「だし&栄養スープ」も同様に、天然食品本来の良さを最大限に引き出した製品となっております。通販より気軽に購入いただけますので、健康や美しさを保つための心強い味方として、ぜひ愛飲してみ見てくださいませ。

有限会社千年前の食品舎 概要/自然食品・栄養食品の通販

運営 有限会社千年前の食品舎 (くうふく自然良法普及会)
所在地 〒576-0053 大阪府交野市郡津5-70-5
電話番号 0120-438-718(シミワ ナイワ)
FAX番号 0120-488-718(シワワ ナイワ)
Email info@sennenmae.co.jp
URL //www.sennenmae.co.jp/
運営責任者 猪股 恵喜
業種 自然食品製造卸・販売
業務内容 自然食品製造卸・会員通販「古代食くろご・ペプチド」「古代のカシス」「だし&栄養スープ」植物性・鉱物性ミネラル、食べ物の消化を助ける酵素、血栓を溶かす酵素等の販売
説明 食べ物に化学を使わない。野生種を中心とした一物全体食品の普及に努めています。
国名 日本
都道府県 大阪府
市町村 交野市