コンテンツ

古代食くろご 黒色穀物全粒ペプチド

種子はなぜ次世代の命を生むことができるのでしょうか

種子の叡智を食べる 《一物全体食の勧め》

 種子には次世代を生み出す栄養と生命情報がすべて含まれています。命という未知の成分も含まれています。私たちの体は呼吸した空気と口に入れたもので作られています。自然な食べ物は健康な心も作ります。種子の皮をむかず丸ごと食べることは頂く命を尊重することであり、種子は小さな粒であるので容易に《一物全体食》が可能になるからです。動物性の食べ物は体が大きいために部分でしか頂くことができません。

一物全体食の 【古代食くろご】

 ここで『古代食くろご』の素材を考えてみます。「古代食くろご」は黒いポリフェノールをふんだんに含む野生種の【黒米】を主体にした【黒大豆】【黒胡麻】【松の実】【黒かりん(仏名・カシス)】の野生種五種に加え【黒煎り玄米】と【フラクトオリゴ糖】、海と山の野生植物を2000℃以上で焼成してから得られる還元力の強い【野生植物ミネラル】の組合せです。黒い食品の持つ抗酸化力の組合せ効果は単一素材では得られないものです。食べ物は組み合わせによって相乗効果を得ることができますが一物全体食によってもっとも相乗効果を引き出す事ができます。

完成された生命体である植物に無駄な成分は無い 部分食への反省

 ここに警鐘となった研究発表があります。あるひとつの有効成分のみを抽出し体に摂り入れると思わぬ反作用が出てきたというアメリ力の国立癌センターとフィンランドの研究機関との共同でなされた発表です。臨床試験によって抗癌作用でよく知られるβカロチンを野菜から抽出し単一成分で摂取するとかえって癌の発症率が高まってしまった『喫煙者に対するβカロチンの効果』の研究報告の衝撃です。
βカロチンが癌を抑制することは一般に知られたことであるのにもかかわらず予測をまったく裏切る結果がでたのです。実験ではβカロチン抽出物を摂取してない人に比べ摂取者の方に肺がんの発生が多かったのです。狭心症や心筋便塞の発症も逆に多く見られました。この信じがたい実験結果の示すものはβ カロチン単独で抗癌作用があるのでなく、余分な物、不要な物として捨てられていた成分と未知の成分の相乗作用で抗癌作用が発揮されていたことが証明されたことであり、単独成分としては有害であった事実です。 緑黄色野菜を丸ごと食べるのと、βカロチンの単ー成分を摂るのとではまったく結果が異なってしまう警鐘です。

薬は究極の部分食です

 たとえば言葉を畏れずに申し上げれば化学的な単一成分の医薬品には総て発ガン性があります。薬も精製純粋化された究極の部分食であるわけです。また魚の魚肉部分は酸性であり、骨がアルカリ性であるため魚肉だけ食べるより、骨ごと食べられる小魚のほうが栄養バランス的に優れています。しかし大きな魚や家畜の骨はとても食べきれるものではありません。必然、部分的に肉だけを食べるようになり血液は酸性に傾きます。血液は弱アルカ性のph 7.4 (中性はph 7.0)に安定せねばなりません。部分のみの摂取により酸性に傾きすぎた血液を中和するために人体は自らの骨からアル力リ性のカルシウムを取り出し中和させようとします。そのために肉食に偏ると骨が溶け出し丈夫になるどころか逆に骨折しやすく脆くなるのです。植物のカルシウムは牛乳に比べ吸収力に劣りますが、そのために血液の急激なphバランスの不調和を起こさないため牛乳よりも骨に定着しやすいのです。

アメリカ人の方が骨が脆い不思議

信じがたいことですが乳製品を大量に摂る肉食のアメリカ人の方が日本人よりも倍以上骨折しやすいのです。まさかと思われるかもしれませんが考えてみてください、象もゴリラも牛も立派な骨格をしていますが彼らは草など植物性のものしか食べません。実はアメリ力も戦前は大豆食が多かったそうです。食べ物の質は血液の質でもあることに思いは到ります。
「古代食くろご」に限らず種子は小魚と同様、小さな小粒であるゆえ丸ごと食べられる理想的な食品です。
食べ物は丸ごと食べることで家畜や魚、野菜・穀物の命を我が命の源として摂り入れることが出来ます。
私たちは、物心つく前から食前に感謝の言葉、食べ物の命を頂くわけですから『いただきます』と理屈抜きのしつけとして唱えました。

美味しい部分だけを選んで食べていないか

 ご存知のように小魚を丸ごと食べることは全体食で、肉だけ食べることは部分食と言われています。部分食はバランスを狂わせるものです。パンも微量栄養素を剥ぎ取り精白された粉よりも皮ごと胚芽ごとの全粒紛で焼かれた物の方が身体に必要なものが含まれています。でも全粒粉は、パサついて膨らみにくいため美味しく焼きあがる精白した粉のパンが主流になっています。

 大根も葉ごと食べるのが植物の生命力をそのまま食べさせて頂く全体食になりますが、八百屋さんの大根に葉がついていることは希です。『古代食くろご』が農産物であり自然界の成分を発芽力ごと粉末にした必然性がここにあります。

単一成分では薬と同様必ず反作用が出てきます。化学薬品には総て発ガン性があるように単一に抽出された有効成分だけに目を奪われることは危険が伴います。優れた化学薬品は緊急の救いの神になりますが、決して食事に代わることは出来ません。点滴で生命は維持できても旺盛な生命力は生み出されません。
過度の点滴は血液を薄くしてしまいますから生命力も薄くなります。点滴には合成して作られた林檎一個分ぐらいの成分が含まれているだけなのです。食べ物として口からいただくことが栄養と生命力を頂くことになります。
私達の身体は罪深いもので沢山の動植物の命を奪わないと維持できない宿命を持っています。美味しい部分だけを選んで食べることは単なる殺生であり何処かが間違っているのかもしれません。『いだだきます』でと唱え命を頂いています。『ご馳走様でした』は感謝の心です。