コンテンツ

古代食くろご 黒色穀物全粒ペプチド

黒色食品の色素栄養研修資料

 「くろご」の名称は陰陽五行説の〔五〕と腎に対応する色の〔黒〕に由来しており生命力を司る腎を強化する食品です。「くろご」は品種改良されていない野生種の農産物であり機能性を持った粉末食品です。ハイテク食品ではありません。カプセルや錠剤でなく食の快楽を満たす、ほのかに甘く美味しい飲み物です。白湯に溶かして飲むか調理素材として摂り入れます。五種類全て腎に対応する野生種の黒色食品・黒米・黒大豆・黒胡麻・松の実・黒かりん(仏名力シス〉により構成されています。隆陽五行説による腎の役割は西洋医学で言われる血液のろ過だけでなく、膀胱・骨・ホルモン・生殖器なども司っています。広意義で・寒・塩辛い昧・恐ろしい気持・冬・北・を現し人体で最も冷たい臓器と呼ばれています。
私達の腸内の化学物質や老廃物から出る毒素は戦後の化学肥料や農薬、飼料に含まれる抗生物質、ホルモン剤とともに食素材の欧米化や過食によりもたらされています。毒性物質をを体内に摂りこまないためには健康な排泄力が必要です。「古代食くろご」は全粒穀物の繊維に加え腸内の有用善玉菌の餌となるフラクトオリゴ糖を充分に配合しています。

陰陽五行説の五色とは

 ちなみに陰陽五行説では腎〈黒〉・肝〈青〉・心〈紅〉・牌〈黄〉・肺〈白〉の五色が五臓に対応します。腎を患うと顔色は黒くなり、肝を患うと青く、心を患えば赤くなります。脾は西洋医学と異なり胃腸を意味しており黄色をおび、肺の病は白くなります。ホルモン系や泌尿生殖器の衰えた症状が腎虚とも言われるように不妊、不感症、男性のED(勃起不全〉や骨粗緊症にも腎が影響しています。腎を病むと腎臓でつくられる活性型のビタミンDが合成されず骨密度が次第に落ちてくるのです。「くろご」は腎を強化し食体験の歴史で実証された機能性を持ち、更に酸化を抑えたペプチドリップ製法により腸管から吸収されやすい食品となっています。

 

なぜ100年前には無かった病気が増えてきたのか

微量栄養素の不足と骨格の歪み、化学物質は病気を作る

 現代病は退化病とも言われています。殆どの原因がストレスに加え化学物質の蓄積、身体のゆがみや微量栄養素不定であることが明らかになっています。真っ白な小麦粉や白米で見られるように、食べやすくてより美味しくとの理由で外皮を剥ぎ取り、精白され、胚芽や外皮部に多く含まれる次世代への微量栄養素を捨て去るのです。現代の食習慣は作物の一部分のみを食べる部分食の摂りすぎとなっており深刻な健康被害をもたらしています。「古代食くろご」は品種改良とも無縁で小粒ゆえ一度に沢山の胚芽を含む生命力を丸ごと食することが出来ます。種子の持つ発芽力は命を創る力であり「古代食くろご」による全体食は次世代の命を生み出す力を丸ごと体に摂り入れることができる生命バランスに優れた食品といえます。

糖白した食品では酵素は働けない

 微量栄養素はビタミンやミネラルであり酵素の働きに不可欠であるため補酵素と呼ばれています。微量栄養素不足は生命活動の源である酵素の働きを阻害し、私達は酵素によって自らの身体を修復する自然治癒能力をも失いつつあります。人は酵素の働きが無いと考えることも細胞の新陳代謝も、風邪や、かすり傷さえも治すことが出来ません。自然治癒力は酵素の働きであり、酵素が働くには微量栄養素が不可欠です。精白した部分的な食べ物は不完全食であり新たな命を生み出さない食品といえます。

お腹の中でも栄養素は作られる 常在菌であるビフィズス菌の役割

 〔フラクトオリゴ糖〕は「古代食くろご」の繊維と共にビフィズス菌に代表される善玉菌のみの餌となります。悪玉菌の餌にはなりません。私たちが生れ落ちる時、母の産道を通り母乳を与えられた時からか? いつのまにか腸に棲みついたビフィズス菌は老廃物の排泄を助け老化防止のビタミンB群や酵素、おもに止血と骨へのカルシウムの沈着を役割とするビタミンK等をつくり出します。またビフィズス菌は酢酸を分泌し腐敗菌を殺菌してくれる私達の最も頼りになる身内ともいえる腸内細菌です。またフラクトオリゴ糖はオリゴ糖の中でも最も善玉菌を増やし「古代食くろご」と相性の良い血糖値に影響しない安心して摂れる数少ない甘味です。効果の出る充分な量が含まれています。