コンテンツ

便通と「古代くろご・ペプチド」との関係

毎日お通じのある方でも腸内には2~3kgの便が存在します

お腹の中には成人で1500g以上の細菌が棲んでいます

 いきなりこわい?話になりますが、便の固形物の三分のーから半分は腸内細菌の残骸です。近年培養技術が進み、100種類100兆個と考えられていた腸内細菌という微生物がおよそ500種類500兆個・重さにして1500g以上棲んでいることが分かってきました。その総てが毒素しか出さない腐敗菌だったらどういうことになるでしょう。腸に留まった腐敗便は腐敗菌つまり悪玉菌(ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌、大腸菌毒性株、バクテロイデス菌毒性株など)の大好きな餌となり繁殖します。悪玉菌は腸内で腐敗毒を出しあらゆる病気の原因を作ります。不思議と思われるかもしれませんが脳榎塞など脳血管の循環障害は便秘毒によるものと解明されています。慶應義塾大学の病理学教授だった川上漸氏の研究です。

便秘はお腹の中で食べ物が腐っている状態です

 特に肉類のタンパク質は人体の組成に近いため我が身の肉を溶かすことに等しく胃や腸で分解されにくいのです。分解不足の蛋白質は高温多湿の腸内で腐敗し、たちまち腐敗菌の館となりアミンやス力トールなどの腐敗毒を作り出します。逆に善玉菌はビタミンを『腸内合成』するのに重要な役割を果たし、人体の分泌する酵素では消化できないものを分解消化してくれます。また肝臓で作られる各種酵素よりも善玉の腸内細菌が合成する『酵素』の方が多いと言われています。酵素の働きが無いと私達は考えることも心臓を動かすことも、立ち上がることもできません。酵素が無いとビタミンも活躍の場がありません。
理想の腸内細菌バランスは善玉菌9 割・悪玉菌1 割とも言われていますが善玉菌は年齢と共に減っていきます。高齢になると2~3%に減ってしまうとの説もあります。お通じの悪い方は腸内で食べ物が滞り腐敗が進んでいるのですからガスにも毒性があり臭くなるわけです。一方元気よく出るガスは健康的で臭いもありません。

赤ちゃんのお腹はビフィズス菌100%

 一方『母乳』で育つ赤ちゃんはピフィズス菌が100%ですから『うんち』もかぐわしい香りがします。赤ちゃんのお肌がすべすべなのはピフィズス菌のおかげかもしれません。その赤ちゃんもあんよが上手などと無理に歩かせたりして背骨が曲がると生涯ひ弱な子供に育ってしまいます。骨格のずれ・宿便・食べ過ぎは様々な退化病〈生活習慣病〉や難病の原因になっています。特に背骨のゆがみは内臓疾患につながります。この資料を読んで戴いています方の中には体力まで落ちてしまう強力な便秘薬が必要な方と、そうでない方もいらっしゃるかと思います。赤ちゃんの時から母乳と共に自然に湧くように棲みついた自前のビフィズス菌は固有の常在菌ですから、あなたの体の一部です。「古代食くろご・ペプチド」は固有の常在善玉菌の餌となります。

ビフィズス菌に餌をあげよう

 私たちに食べ物の嗜好があるようにビフィズス菌にも好みの餌があります。食物繊維とオリゴ糖をあげないと増えてくれないのです。「古代食くろご・ペプチド」に含まれる繊維も好みの餌となりますが1 日3~6g のオリゴ糖を与えると10日ほどで大量に増殖することが解っています。しかもオリゴ糖は悪玉菌の餌にはなりません。余分な力ロリーにもなりませんし血糖値も上がりません。「古代食くろご・ペプチド」には一般に見られるように申し訳程度に混合したものでなく、充分に増殖するだけの量を混合しています。「古代食くろご・ペプチド」を1日大さじ山盛り2杯を美味しく頂くだけで腸が動き出すのです。

ヨーグルトでビフィズス菌は増えるのか?

 ところが一般で信じられているようにヨーグルトなどで菌は増えるのでしょうか? ただの菌では胃酸で死滅します。よく広告で喧伝されるように胃の塩酸を何とかくぐりぬけて外部の善玉菌を体内に摂り入れることができても、よそ者の菌は生体にとって異物であり根付き増殖することは難しいようです。これは合成のビタミンCの働きは天然と変わらないにしても合成である限り生体からは異物と判断され、直ぐ尿に排泄されるのと同様のことと思われます。
 日本のヨーグルトは法制度の都合で生乳でなく酵素の死滅した脱脂粉乳で作られています。また乳製品の普及によって若年性の白内障が増えているように、幼い頃から摂りつづけることで乳糖が分解変化したガラクトースの水晶体沈着による白内障も心配です。常識に異を唱えるようで申し訳無いのですが宣伝と異なり内視鏡で見るとヨーグルト常食者の腸内の汚れが多く見られるそうです。赤ちゃんの時からの持ちつ持たれつの身内のようなビフィズス菌に代わるものは無いのかもしれません。外部から菌を入植?させるのでなく、「古代食くろご」は自前の善玉菌〈固有菌〉を増やします。

便秘薬の弊害 腸内免疫は全体の80%を占める事が分かってきました

またご承知のように一般的な便秘薬の常用は小腸粘膜に生えている『絨毛』を痛め、その数を減らしますので、腸粘膜がむきだしになりアミン・スカトールなど悪玉菌の毒性代謝物の血液への侵入を許し易くなります。絨毛は腸粘膜のバリヤーでありビフィズス菌の棲家であるばかりでなく、免疫を司る『T 細胞』が多く存在します。腸は体熱を作り出すところでもあり、一般的な便秘薬が女性の身体を痛める理由のひとつがここにもあると者えられます。しかし困り果てた時に救ってくれるセンナに類するものも不可欠であり、永い目で見ますとセンナ類と併用しながらでも腸を暖め免疫を強化し、赤ちゃんの時から共に棲む固有のビフィズス菌を増やしてくれる「古代食くろご・ペプチド」のような食品も必要になってきます。

「古代食くろご・ペプチド」は年齢に関係なく幼児から美味しく飲めます。またビフィズス菌は酢酸を出して腸壁を刺激し、ぜん動運動を起こすだけでなく、悪玉菌の殺菌と老化防止に不可欠なビタミンB郡や『骨粗懸症予防』のビタミンKを腸内で合成してくれるのはご承知のとおりです。

信じられますか? 過食は便秘のもと

 でも、これを摂れば良くなるとの発想は食べるもが増えるだけで過食につながります。治すためには何を止め、何を減らし、何を加えるかが最も重要なことと思われます。実は過食は便秘のもとなのです。食べて押し出すのは乱暴な話であり、身体は消化吸収に忙しくなり排泄にまで力がまわせなくなるのです。消化吸収には大変な努力を要し内臓は疲れています。断食で大量の便が排泄され、また様々な病気が改善するのは、体の力が消化吸収でなく病気の原因となる老廃物の排泄や傷ついた細胞の修復に向かうからです。

あなたのお腹の中を善玉菌優勢にしましょう

大腸菌0-14株 リウマチの要因の一つであるプロテウス菌

大腸菌0-14株 リウマチの要因の一つであるプロテウス菌

愛知医科大学 青木重久教授に依る研究です。
リウマチ患者の6割以上の方がプロテウス菌〈大腸菌O-14株〉に対し抗体陽性です。腎臓病の炎症研究で偶然発見されその後の研究でリウマチ要因と実証されました。