要介護にならないために

要介護にならないために

長生きのリスク= 《平均寿命 – 健康寿命》 + 経済的リスク

このままでは人生の時間の約、一割が要介護か寝たきりになってしまいます。

2007年厚生労働省調べ・2007年WHO発表・日本人の健康寿命

  日本人の平均寿命 日本人の健康寿命 要介護か寝たきりの期間
男性 79.19歳 71.4歳 7.79年の介護が必要
女性 85.99歳 75.8歳 10.19年の介護が必要

※健康寿命とは日常生活を自立した状態で過ごせる生活期間、介護が不要で寝たきり、閉じこもりでない状態のことを言います。

長寿遺伝子(Sir2)を目覚めさせるには 《一日一回お腹をすかせましょう》

30~40% のカロリー制限で健康寿命は延ばせることは世界の医学会で認められています

朝食をごく少量の古代食と水分だけにしてみませんか、ストレス無く、栄養は摂りながら摂取カロリーを30%以上減らすことが出来ます。1935年米国のマッケイという研究者がネズミを使い40%の食餌制限群と満腹群の寿命を比較実験したところ40%食餌制限群の平均寿命は満腹群の二倍近くも伸びていることが確認されました。その後の世界の追試で同様の結果が出ています。2003年には、米国マサチューセッツ工科大のレオナルド・ガレンテ教授により世界で初めて長寿遺伝子が発見され、栄養の吸収を促し、動物の老化防止を司る大本の遺伝子であることが解明されました。ところがこの長寿遺伝子はどのような動物でも普段はスイッチオフ状態であることが分かったのです。ではどのような状態の時にスイッチがオンになるかと言うと、動物が飢餓状態に陥った時ということが分かりました。もちろん栄養は摂りながらカロリーのみをセーブせねばなりません。単にカロリー制限だけでは栄養不足となり感染症などの抵抗力の問題が出てきます。
古代食は少量でナチュラルな栄養素が摂れます。少量であればこそ臓器を休ませることもできます。食べ物は生命体です。古代食は野生種の生命エネルギーに満ちています。古代食で消化器、解毒器を休ませながらお昼を迎えてみませんか。栄養は摂りながらも《一日一回、お腹をすかせる》ことで一日一回、飢餓状態になり長寿遺伝子が働きだします。たとえば膵臓の役割の95%は外分泌です。膵液を分泌し十二指腸に送り消化作業に振り向けられます。残りの5%の役割が内分泌でインスリンやグルカゴンなどのホルモンを分泌して糖をエネルギーに変えています。
三食しっかり食ベ、間食まで摂ると胃腸だけでなく膵臓も肝臓も腎臓も24時間働きっぱなしで疲れ果ててしまいます。疲れ果てた臓器から病気になって行きます。人は十分な休養を取ることで身体が修復します。朝食をできるだけ軽くして《一日一回お腹をすかせて》臓器を休ませてみませんか。長寿遺伝子の指令で修復もはかどり体が軽くなるのが実感できます。カルフォルニア大学のスティーブン博士の実験では高齢マウスにカロリー制限をして行くと4週間の減食で19個の遺伝子の若返りが確認されました。

私達の身体は飢えを前提に作られました

◆昔に戻って 一日一回、お腹をすかせませんか
◆自然に戻って お腹がすいてから食べませんか
◆食べ物は生命体 命を頂くことを知れば、礼を尽くしたい

ヒトは遺伝子レベルで変化するには10万年以上必要と言われています。食料の少なかった石器時代の先祖と現代の私達は遺伝子レベルでは変化のない同じシステムを持ったヒトと言えます。いつ食糧が手に入るか分からない10万年前の石器時代に、ようやく食べ物から得た栄養を飢餓に備え無駄にすることなく《脂肪として蓄える生存システム》が出来上がりました。飢えた時に、蓄えていた脂肪をエネルギーに変える遺伝情報です。飢餓が前提であるシステムが、一日3食も食
べる現代人に適合するはずもありません。細胞分裂の盛んな中学生ぐらいまでは一日5食も必要でしょうが、細胞の減少期に入る25歳以上、特に30歳以上の過剰カロリーは生活習慣病につながってくるのは自明のことと思います。

細胞の年齢による増減  増山博士  悪玉酸素の陰謀より

0歳 25歳 40歳 50歳
20兆個 60兆個 54.5兆個 50.8兆個
60歳 70歳 80歳 85歳
47兆個 43.6兆個 39.9兆個 38兆個

私達の細胞は25歳をピークに減少していくといわれます。減少する細胞は一日10億個にも上ります。スポーツ選手の体力のピークも25歳です。骨の細胞が減れば背も低くなり顔の真皮繊維芽細胞の減少はコラーゲンやヒアルロン酸の生成減少となりシワとなって表れます。脳の細胞も減少して行きます。また食べることは消化器と解毒器官がフルに働くことです。消化と解毒に多くの血液が動員され脳の血流を減らし、血液中のカリウム濃度が低下することもあり眠くなってきます。安静にしていても消費される基礎代謝も成長期より少なくて済むようになります。
年齢とともに消化や解毒の役割もある唾液も減ります。歯の大切な土台の顎骨・歯槽骨の造骨細胞も減り破骨細胞が優位になればぐらつきだます。噛むことも容易でなくなれば、さらに消化器に負担をかけます。私達は生きるために食べることが必要です。でも疑問に思われませんか? 細胞が減っているのに何故、食べる量も回数も減らさないのでしょうか? もちろん高齢になれば自然に食事の量も減ってきます。ですが三食、食べないことが病気につながるかのように日々マスコミなどの媒体では伝えられています。また朝食を抜くことは罪悪のようにも言われています。

私達の命は食物の命を頂くことで成り立っています。

東洋医学の直観的考え方に《草根木皮これ小薬 鍼灸これ中薬 飲食衣服これ大薬》

食物は生命体であるからこそ「大薬Jです。逆は加工度の高い食品。

紀元前に83歳まで生きた西洋医学の祖と言われている古代ギリシャのヒポクラテクスは「食べ物で治せない病気は医者でも治せないJと言葉を残しています。

時間医学と生体のリズムに合わせた食事

生体の消化・吸収・排泄のリズムに合わせて食事を摂るのが自然です。

午前4時~正午迄 排池の時間帯(老廃物や大小便の排池) 特に30歳超えの方が無理して朝食を摂ると消化も排池も  中途半端になり残留します
正午~午後8時迄 食事(栄養補給)と消化に適した時間帯 胃から小腸に運ばれる時間を考慮すると19時までの夕食がベストです
午後8時~翌朝4時迄 吸収と代謝修復の時間帯 夜遅い食事は夜中も胃に残り負担がかかります。軽めの夕食|がお勧めです

私達の健康は生体のリズムに左右されます。個人差もありますが午前中は排泄の時間帯ですから、しっかり朝食を取ることは生理的にも適していません。朝は水を飲むだけでも腸が刺激されて便意が起きます。古くから言われていますが吸収は排池を阻害します。出入り口という言葉があるように排池(出す)が先で吸収(入れる)が後になるのが便秘を防ぐことになります。食べて押し出すという考え方は乱暴に過ぎます。朝は水を飲むことから始めて下さい。
排池の時間帯に新たな消化に力をとられると、蛋白質などの未消化物の含まれた便は高温多湿の腸内で腐敗し再吸収されてしまいます。その結果、呼気まで臭ってしまいます。未消化物は確実に毒となります。

日常生活に役立つ時間医学

AM 2:00~3:00 胃・十二指腸潰療の痛み発作が多い。
AM 3:00~5:00 虫歯が最も痛む。夜勤の人が最も眠くなり夜業の工場などの事故発生率が最も高い。端息の発作が出やすい。(発作予防薬は夜飲むのが効果的)血糖値70mg/dl前後と最低となりAM8時に向かって90mg/dl程度まで上昇するので朝は食欲がないのが正常。体温が下がった4~5 時台に男性の自殺が多い。
AM 7: 00 起床午前中はインスリンの分泌が少ないので糖尿病の方、予備軍の方は極力朝食を少なめに。昼食に重きを置く。夕食は軽めに。また朝食を摂るなら少量のご飯粒にするとその後のインスリン作用が良好になます。《古代食くろご》は材料の半分が原種黒米と国産うるち玄米です。
AM 7:00~9:00 一日の活動に備えて心拍数も体温も上がる。アドレナリンの分泌最大。心筋梗塞狭心症(8 時~12 時)に多い。薬は朝飲むのが効果的。午後や夜間の心臓発作は少ない。脳梗塞(7時と17時) 寝る前と起きたらすぐにコップ1杯の水を。
AM 8:00~10:00 一日の内で最も髭が伸びる夜中の3倍。髪の毛も午後より午前中によく伸びる。視覚、聴覚の感度が高くなる、2 時~5 時と13時~15時は最も鈍くなる。
AM 9:00~11:00 不安感が最も少なくなる。頭の回転も最も良くなる。
AM10:00~11:00 突然死が多い。
AM11:00~13:00 視力が一日で最高。特に正午前後。
PM13:00~14:00 エネルギーレベルと緊張感が一時的に低下居眠りしやすい。労働事故多発時間帯積極的に15~20 分間程度の短い「プチ昼寝」をすべきです。自殺者の多い時間帯(昼下がり、14時台に女性の自殺者が多い) 自殺未遂の多いのは夕刻(東京消防庁データ)
PM15:00~16:00 運動能力が最高になる。一方交通事故で死亡率が高い。虫歯の痛みが最も穏やか。15時ごろは何を食べても最も太りにくい時間帯(BMAL1)
PM17:00~19:00 血圧と味覚が最高。食事もおいしく感じられこの時間帯に塩分を多めに摂っても血圧がむしろ下がってくる。骨形成は夜間に増加するので骨粗懸症の薬は夜に服用すると効果的で副作用も少ない。同様に喘息は朝方に発作が多く癌は真夜中に増殖するので瑞息薬も抗ガン剤もインターフェロンも夜に摂るようにすると最少の量で最大の効果を上げ最小の副作用で済む。(卵巣ガン等、抗ガン剤の種類により夜の服用で骨髄毒性が現れることもあります)
PM20:00~23:00 体温低下代謝機能低下身体が休む態勢に入る。潰瘍は夜作られる(20~22 時)
PM22:00~2:00 美肌作り新しい皮膚が生まれるピーク。
PM23:00~3:00 真夜中血圧心拍数最低最もリラックス。
《細菌性の発熱はAM5~12 時。ウイルス性はPM14~22 時に発熱する。》

 

お腹が空かないと分泌されないホルモンと防御因子

一日一回、お腹をすかせましょう

モチリン

空腹時に上部小腸で分泌胃腸を動かす排池作用

空腹時に1~2 時間ごとに胃から盲腸の前まで移動する強い収縮運動を起こす。空腹が6 時間以上続かないと出てこない。(就寝時の夜間断食含む) 朝一仕事してから食べる。起きて直ぐの朝食は排泄を阻害する。コップ1~2 杯の水分を摂る刺激だけでも胃腸は動く。

グルカゴン

空腹時に膵臓ランゲルハンス島α細胞で分泌

血糖値が下がるとホメオスタシスは飢餓と判断し、肝臓に貯蔵していた燃料のグリコーゲンを分解しアミノ酸からブドウ糖の生成を促進してエネルギーに変える。脂肪細胞のリパーゼを活性化し、脂肪を分解し遊離脂肪酸を増加させ、肝でケトン体生成。ケトン体は脂肪や蛋白質をエネルギーとする。断食すると体内脂肪が分解しケトン体のβヒドロキシン酪酸となり脳のエネルギーとなるのでブドウ糖のみが脳のエネルギーと言われるのは誤り。

空腹時のエネルギー放出機構

白色脂肪細胞は、カテコラミン刺激、細胞内転写機構の調節発現などにより、脂肪分解を行って、遊離脂肪酸(FFA) とグリセロールを産生し、放出する。放出された脂肪酸は、筋肉のミトコンドリアでβ一酸化を受けてacetyl-CoAとなりエネルギー源として利用。

グレリン 1999年国立循環器センター研究所による発見(吹田市)

空腹時に胃底腺から分泌、血流中に放出され脳の至るところにある受容体を活性化

胃が空っぽの時に分泌し成長ホルモンの分泌を強力に刺激、高齢や他の原因で分泌が少ないと胸腺(免疫)退化。14ヶ月齢の高齢マウスにグレリンを注射すると、加齢に伴う胸腺の構造変化と胸腺細胞の数、免疫細胞の多様性が劇的に回復。これは老化に伴って起こる免疫機能の老化を抑制していることを意味している。海馬の血流が増加し頭の回転も良くなりアイデアも出やすい。発明も空腹時に。石器時代は空腹になってから狩猟した。今までの状況の記憶と危険の回避、記憶力や有意な知恵は収獲にも安全にも大きく係わった。一方満腹時は脳の働きが良くない。以前から「腸は考える臓器」という言葉があったが、実際に消化管が分泌するホルモンのグレリンが脳の機能をコントロールしていた訳です。

成長ホルモン

空腹時にグレリンが胃から分泌された後に脳下垂体で分泌

グレリンが血液を通じて脳下垂体に直接働いて成長ホルモンの分泌を強く促す。成長ホルモンには筋力の増強作用があります。海外では実績もありますが国内でも筋力の落ちた高齢者の人工関節置換術の機能回復促進にグレリンを投与し成長ホルモンの分泌を促す臨床試験も行われています。グレリン投与による心機能不全改善及び、エネルギー代謝是正効果の臨床評価の研究も最近開始されています。成長ホルモンの分泌に関しては今までは脳の視床下部ホルモンによるルートがよく知られていた。

アディポネクチン(血清蛋白・防御因子)大阪大学医学部発見

脂肪細胞は生活習慣病発症因子と防御因子を分泌しています

お腹をすかすと脂肪組織より防御因子のアディポネクチンが分泌されます。

脂肪細胞は飢餓を前提にエネルギーを備蓄しています。飢餓感、つまり空腹になると備蓄したエネルギー源の内蔵脂肪を燃焼させブドウ糖に変えることで低血糖を防ぎます。皮下脂肪よりも内蔵脂肪は燃焼しやすく速やかに肝臓を介しエネルギーに変換されます。空腹により内蔵脂肪が燃焼すると癌をはじめ主な病気に対して防御的に働くアディポネクチン(血清タンパク)が増えてくることが分かってきました。逆に肥満すると攻撃型のアディポサイトカインが増え、糖尿病をはじめメタボリックシンドロームからの様々な病気の発症を促すことも分かつてきました。一般的に脂肪細胞は悪者扱いをされていますが、実は脂肪組織とは巨大な内分泌臓器であり体を守る働きがあることがはっきりしてきました。皮下脂肪は女性の妊娠に備えたエネルギー貯蔵であり、授乳などで燃焼します。母乳で育てるお母さんは産後にスタイルの回復が良くなります。一方内蔵脂肪は男性に貯まりやすい性質をもちます。内蔵脂肪は速やかにエネルギーに変わりやす
い性質を持ちます。原始の時代の狩猟や労働の即時エネルギーになるためには変換しやすい形の内蔵脂肪の必要性が高く男性に蓄積しやすいように遺伝情報に組み込まれました。脂肪細胞は一つ々の細胞が太ったり痩せたりします。一日三食や、間食の多い生活で労働量が少ない場合、脂肪は過剰に貯蔵され、攻撃型のアディポサイトカインが増えてきます。

あなたの努力を無にする○○信仰

朝食信仰 一日三食の害

特に30歳以上の方には一日三食は有害。中学生までは一日五食でもよいが25歳をピークに細胞は減少に転じるので食事量も減らすのが自然です。

減塩信仰 塩は最も大切な栄養です

国を挙げた減塩運動は添加物と言う化学物質を増やしました。過度の減塩は電解質不足で特に高齢者ほど循環器障害、骨折や、痴呆、寝たきりになるなどの悪影響が現れやすい。

生野菜信仰 有機農法信仰

化学肥料や未完熟の有機肥料を施肥した葉野菜には赤血球のヘモグロビンを酸化させる硝酸態窒素の残留が多く見られます。特に季節外れのハウス野菜は一カ月前後で促成栽培が可能なこともあり硝酸態窒素が光合成で蛋白質や澱粉に変換されないまま残ってしまいます。二カ月の日照期間があれば栄養分に変換されますから自然のエネルギーの満ちた旬の露地物の野菜を求めるほうが安全です。根菜類の促成栽培は不可能です。十分な日照で硝酸態窒素は殆ど栄養に変換されています。

玄米信仰

玄米には発芽抑制因子(植物ホルモンのアブシジン酸)が特に多く含まれます。個体差はありますが腸内で活性酸素の生成を促し腸壁を傷つけます。もっとも問題と考えられるのがアブシジン酸が腸細胞のミトコンドリアを傷付けることです。玄米食を続ける方に体温が下がる人が多いのも細胞の発電所であるミトコンドリアが損傷するためと考えられます。腸は蠕動運動により体温を生み出す臓器であり玄米食に合わない人もいることを再認識したほうがよいと思います。またアブシジン酸による活性酸素の発生で傷ついた絨毛から本来吸収されない毒性の強い物質も摂り込まれ、癌をはじめ様々な病気のもとになっています。また発芽玄米は乾燥段階でアブシジン酸が倍増することが分かっています。腸には免疫機能の80%が集まっていますので、白米か7分掃き米をお勧めします。自分の家で12時間以上時間をかけて発芽させた玄米は安全です。なお収穫後、玄米を温風乾燥しますが温度管理に不備があった場合、水に浸しても発芽抑制因子は消去されず発芽することはありません。玄米食を健康法として取り入れる場合はお求めになった玄米を適量の水を入れた器で発芽実験をなさり安全性を確かめることをお勧めします。

牛乳信仰

骨組懸症予防ではむしろ牛乳を飲む人のほうがカルシウム欠乏症になりやすいことが疫学調査でも明らかです。同様に品種改良された乳牛による牛乳にはある種のホルモン(lGF1)が多く合まれ乳癌や前立腺癌発症にも深く関与していることが明らかにされています。白内障や喘息、腸内環境悪化の原因にもなっています。子供が摂りすぎるとI型糖尿病の発症の危険性も指摘されています。

薬信仰 化学薬品の副作用は一種類で4% 三種類で25% 四種類で50%

電子レンジ調理による食べ物の分子レベルの破壊

電子レンジは一秒間に24億回振動させることで熱を発します。食べ物は振動で分子レベルによる破壊をうけビタミンやポリフェノール・カプサイシン・カテキン・イソフラボンなどは60%~97%失われます。振動と熱で食品の蛋白質を構成するアミノ酸がL型からD型に変換され、電子レンジで調理されたものを私たちが食べても人体で利用できないものに変わっています。地球上の動植物はすべてL型のアミノ酸で構成されているためです。また酵素は完全に破壊されます。

知らずに食べるトランス脂肪酸

トランス脂肪酸(溶剤抽出の植物油マーガリンショートニング、等)
化学溶剤で抽出された植物油で細胞膜を通過し細胞の働きやホルモンバランスも狂わせるため韓国、アメリカ・カナダ・イギリス・EU・では発売を禁止している国、地域が多い。あらゆる病気に関与するが、主として虚血性心疾患の発症と認知機能の低下が問題視されている。