一日一度は野生を食べる

三万年にわたり秘境の地に再生し続ける古代果実

国立旭川医科大学による「古代のカシス研究」において
天然物でありながらきわめて有効な報告がなされています=色素栄養学

  1. インフルエンザA型B型ウイルス
  2. 単純ヘルペスウイルス
  3. アデノウイルス
  4. RSウイルス
  1. チフス菌
  2. サルモレラ菌
  3. ペスト菌
  4. 腸管出血性大腸菌O157

121℃21分間の高圧蒸気で加熱しても機能は失われず、過熱料理にも使用できることから乳幼児、高齢者の免疫性を高め流行性インフルエンザにもカを発揮し免疫の落ちた現代人にはなくてはならない重要な補充食材といえます。

水1500ccに対しティスプーン1杯(約1.8cc)で800倍希釈となり飲めるうがい水となります。

「古代のカシス」は抗ウィルス・抗菌剤として特許出願中です 

※特許出願公開番号 2000-212092

《一物全体食として、皮・種・果肉の全てを丸ごとを濃縮》

  • なぜ医薬品でなく抗ウイルス・抗菌剤としての特許出願であるのか
  • 減塩指導のもたらしたものが防腐剤
  • 食品の見栄えよくするのが発色剤・タール色素

腐敗菌を制するには化学的細胞毒が必要になります。防腐剤や色素は化学的なものでも植物性であっても精製純粋化されたものには副作用が伴います。例えば医薬品として特許を取得するには有効成分を抽出、分離、精製、純粋化せねばならず、未知の成分を合め各種生体機能活性化物質を捨て去らねばなりません。このような純粋化された成分では副作用も出てくる可能性があります。
医薬品としての特許取得は「一物全体」(全体は部分の総和ではない)を食べる意に反しますので取得しておりません。「古代のカシス」は皮も種も丸ごと濃縮してあります。業務用としてもご家庭用としても食品、菓子、などの保存をたかめるためにもご活用下さい。

野生のスーパーワクチン

最も酸化されやすい眼細胞の老化や病を防ぐ抗酸化カ比較報告

「古代のカシス」の抗酸化力、189 対してブルーベリーは98を示し断突である

「古代のカシス」は野菜果物の中で一番高い抗酸化作用を示した報告がなされている

根拠 ABSTS計測法Data supplied by Just  tha Berries Ltd

この高い抗酸化力を示す「古代のカシスJのアントシアニンに関して健康維持のための一日必要摂取量、または予防のための薬理所要量はまだ科学的に解明されていません。しかしアメリカでは、過去40年の間にどのくらいアントシアニンを摂って来たか、現代の一日摂取量の少なさが体にどのような影響を及ぼすかといった研究がなされています。また多くの科学者、研究者が一日の薬理摂取量を合めて動物実験・臨床試験を実施、各種研究データから分析し商品化に向けて開発中です。

栄養学博士 エディー塩島監修 ジャストペリー社 2003.12.1

古代果実 「古代のカシス」濃縮液

黒の植物性色素栄養「ポリフェノール、アントシアニン」また野生のスーパーワクチンといわれ、学名を「雪ノ下科黒房スグリ」仏名:カシス 英名:ブラックカラントと呼ばれている野生果実濃縮液です。(一般的な花梨はバラ科でありそれとは異なります。)「古代のカシス」は太古のシベリアのバイカル湖周辺で発生したとみられ、野鳥や野生動物などの媒介により黒龍江省、長白山脈の秘境に群生しています。冬場はマイナス35℃、夏場はプラス35℃となる60℃を越す過酷な温度差の野生環境に耐え3万年以上、種(しゅ)の変化を拒んできた極めて生命力に富む野生果実です。一般的な果実樹木は寒さで水分が凍結膨張し破裂します。生育環境が過酷であればあるほど植物のポリフェノールを始とした各種機能性生体調節因子は強化されます。

古代のカシスの成分的特徴 

  • 毎年7月~8月に黒色に熟した果実となり100g 中3000mg 内外の野生ポリフェノールを高含有
  • 糖質は配糖体(糖以外の有機化合物と置換された化合物・ポリフェノール)の型で存在
  • 植物繊維に富む
  • 蛋白質:各種アミノ酸
  • 各種栄養素ビタミン:ミネラル 特に:ビタミンB郡: ビタミンC: ビタミンPに富む
  • 有機酸:多量のタンニン(ポリフェノールの一種)及びクエン酸
  • 各種機能性生体調節因子(野生植物化学物質)

未だ知られない未知の成分を合め上記を含有し野生植物特有の各種生体機能活性化因子の存在が確認されています。

くろかりん

くろかりん

研究者の声 国立旭川医科大学医学部助教授 食品栄養学 松谷洋子

「古代のカシス」の生理機能活性作用で注目したい「ピック2」は配糖体の免疫増強効果と「レスベラトロール」の作用は赤ワインの15倍です。「古代のカシス」の栄養素と生体機能活性化物質の相乗作用があなたの健康と疾病予防に役立つことでしょう。

レスベラトロールはハーバード大学の病理学者であるデービット・シンクレア博士らの「英科学誌ネイチャー」による発表によれば人の寿命を5年は延ばすのではないかと言われています。レスベラトロールは「古代のカシス」に多く含まれ、抗癌作用も強い野生の「生体機能活性物質」です。赤ワイン等にはわずかに含まれ、一般のジュース類には含まれていません。
 

なぜ今、黒色食材なのか

「古代のカシス」に含まれる黒いポリフェノール・アントシアニンならびに生体機能活性化物質は、古代の強烈な紫外線や病害虫から身を守るため、過酷な野生環境下光合成で得られた有効成分です。植物の苦味エグミこそが野生の有効成分であり、「古代のカシス」は秘境で在る故、人為に糖度を高めたり食べ易くする為の品種改良にも、土壌改良にも無縁で野生の強さを維持していること。さらに生理栄養機能が高く、採取される地域では古代から未病の予防に愛飲され、食としての安全性に数千年の歴史上の食用実績があるからです。

黒色食材は腎に共鳴し古くから生命力を高める食品として珍重されています。絵の具で考えればあらゆる色を混ぜると黒色になります。つまり成分が多いほど黒くなるわけです。

黒色食品は体内で遠赤外線効果があり、体の中から温めることで本来備わっている生命力を活性化することが知られています。

 

野生環境下で育まれた耐性遺伝子を宿す野生果実を食卓に

私たちは植物によって生かされています。動物も微生物も例外ではありません。人は穀物や野菜の命をいただき、草根木皮は薬となりました。植物は古代から幾人の人々を養い続けて来たのでしょうか。少なくとも半世紀前までの作物には「古代のカシス」のように野生植物の持つ耐性遺伝子が受け継がれていました。つまり天候異変に耐え、病害虫にも耐性を持っていたのです。祖先から、親から子から命の継続には『耐性遺伝子』を宿した頑健な作物を日常的に体に摂りいれることが必要です。
半世紀前には本物の作物しかありませんでした。今は急速に農業の危機が訪れています。自然界では弱い遺伝子の植物は発芽もできず、また発芽しても育つことは出来ません。しかし近代農法で、は耐性遺伝子を失ったひ弱な種子も全てが発芽させられています。ハウスなどで季節外れに収穫された作物は古代からのリサイクル農法の作物と成分を比べると殆どの栄養は半減し、野菜は色や形だけ美しい抜け殻になっています。量の確保と見た目の良さ、流通を含めた経済のためです。近代農法は配合肥料による過剰栄養や細胞毒である農薬の使用で、植物に備わった耐性遺伝子の退化をもたらしました。作物に自力で生きる力は不要になったのでしょうか?薬剤で酸化した土壌からはミネラルも微生物も失われ、作物に健康をもたらす力は期待できなくなってきたのでしょうか。
「古代のカシス」は秘境であるがゆえに人の手から隔絶されてきました。野生の耐性遺伝子をかたくなに維持しています。寒さに負けたもの、夏の日差しや病害虫に負けたものは枯れて土に戻り、強いものだけが自然の摂理通りに生き残り実を実らせることが出来きたのです。一日一度は野生の力を食卓に上らせたいものです。