パックスナチュロン石鹸歯磨 120g

経皮毒を意識しましょう、口腔内は最も化学物質が吸収されやすい場所です

石鹸は5000年前の頃から使用され安全が確かめられています

本品は純石鹸歯磨きですから、廃液は一日ですべて自然に還ります

石鹸の発見は古代人が肉を焼くときに滴り落ちた油と、燃料にした薪が燃えたアルカリ性の灰と雨水が混ざり油脂が自然発生的に石鹸化したことから始まります。石鹸は、油脂とアルカリ液を合わせないと作ることが出来ません。

現代のアルカリ液は苛性ソーダであり、海水から作られます。海水(塩化ナトリウム)に電気を流すと、塩素ガスと水素ガス、苛性ソーダに分かれます。油に苛性ソーダを混ぜるだけで石鹸が出来ます。

過去に合成洗剤を間違って飲んだ事故が起き重篤な結果を招きましたが合成洗剤は口当たりがよく美味しく飲めるのです。

石油から合成された石鹸は胃壁を溶かしますが、本来の石鹸は間違って飲んでも、胃酸と反応すると元の油と塩に戻ってしまいます。

この石鹸歯磨きは飲み込んでも差し支えはありません。
本物の石鹸であれば石鹸水をつくりお酢を混ぜるだけで油と塩水に分かれます。

石鹸材料に使われる油は、危険なトランス脂肪酸の心配の無い食用椰子油で作られています。
トランス脂肪酸が多く含まれる油脂の製造方法はコーンや大豆にヘキサンという化学溶剤を混合しています。
古来の圧搾法では絞り切れない油分もヘキサンによって溶けだしますので低価格供給されます。
ヘキサンはベンジンのようなものであり、油を抽出した後は高温で蒸発させねばなりません。

その加熱過程で酸化し、植物由来のオレイン酸もリノール酸も破壊されて海外では規制されているトランス脂肪酸に変化します。
一方歯磨きにも使われる合成洗剤は石油から複雑な化学合成を経て作られた合成界面活性剤を基本としています。

 

味覚を守ります 味を感じる味蕾細胞は栄養と毒物を見分けるセンサーです

心臓発作の時のニトログリセリンが舌下から素早く吸収され救命につながるように口は極めて吸収しやすい場所です。
化学物質は自然界の物質より分子が小さいため、口中粘膜から血管にまで浸透し全身に運ばれます。
歯磨きに化学成分を添加することは極めて危険なことなのです。

パックスは安全にこだわった国内の食用油脂メーカーであり、この歯磨も良質の食用パーム油(椰子油)で作られています。
有害な石油系合成界面活性剤や、歯のエナメル質や歯肉も傷める研磨剤を使わず、炭酸Caで歯垢を取ります。
清涼剤は天然ハーブのみであり、舌に9000個存在する味蕾細胞を壊しません。
機能性を増すために虫歯菌の増殖を抑え口臭を防ぐ緑茶エキスと、歯周病予防に甘草エキス、天然ビタミンEを加えてあります。

 

廃液は魚の餌になります。

日本の水道水にはカルシウムが多く含まれます。
お風呂のタイルなどに白く固まるのがカルシウムですが、石鹸は水道水のカルシウムと結合して石鹸カスが出来ます。
これは川に流しても魚の高品質な餌となり、生育を助けます。
実際に石鹸カルシウムは養殖魚の餌として使われています。